単純に挿入するだけではなく中高年のセックスには様々なやり方があります。
男性精力や恋人や妻との関係も維持回復したいと思うなら、サプリメントやグッズを使わないといけません。
そうすることでより気持ちのいいセックスを楽しむことができるのです。
60代からはパートナーを満足させるために必須になるのが勃起薬や精力サプリメントです。
若い頃の勃起力を復活させようとして妻を喜ばしたいと思っている69歳の男性は、ED治療薬を使おうと悩んでいました。⇒勃起サプリメントの詳細はこちら
今の最先端のED治療薬の人気は、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類といえます。
それぞれの薬には特徴があり状況により使い分けるのが得策です。

ED治療薬の特徴

まず、バイアグラですが最も効く薬ですが副作用が強いことから高齢者が使うには制限がかかるという欠点があります。
食事で何を食べるかによって効果が弱くなることもあり、アルコールを飲むことで頭痛やほてりなどの副作用が出ることもあります。
ですから、女性とのデートで使うことはおすすめできません。
バイアグラの持続時間は約4時間~5時間です。

次にバイアグラの次世代のED治療薬とされるレビトラは、お酒や食事の内容にも関係なく副作用が少ないのです。
効果の持続時間は5時間~6時間で食事の後にホテルに行く前に飲むといった使い方ができますので彼女とのデートに使うやすいです。

シアリスは、バイアグラのように飲んですぐ効くというのではなく、36時間も効果が持続するのが特徴です。
例えば、初デートで泊まりがけで旅行へ行くときに飲むといった使い方が適しています。男女が同じ屋根の下で泊まるということは肉体関係を持つチャンスは必ずあります。

ドラッグストアや通販の勃起強化サプリメントはどう?

ED治療薬を飲むほどでもないけれど、ペニスの勃起力にいまいち不安があるという場合は薬局やネット通販で購入できるサプリなどを飲む選択もあります。
精力アップサプリメントは体の代謝を促進し疲労回復にも役立つビタミンB群、亜鉛、セランなどのミネラルが基本です。
いろんな種類を飲むのが面倒だという人は、マルチビタミン&ミネラルがおすすめです。ニンニクやマカは精力アップのサプリメントとして有名ですが、もともとビタミンB群を豊富に含む植物なのです。
20130304104645
疲労回復や血行促進、代謝促進などにも有効です。
栄養は食事から摂るのが理想ですが、バランス良く摂取するにはたいへん難しいです。
精力アップだけでなく健康のためにもサプリメントは役立つのでまさに一石二鳥です。

漢方食材を毎日食べると精力が増す!

セックスする時にエネルギーは漢方では腎精と呼ばれます。腎精の腎は腎臓の腎で、腎臓は水を循環させるだけでなく、性的なエネルギー、つまり精気を蓄える臓器とされています。
精力が落ちた、スタミナがない、ペニスの勃起力が弱いという人は腎精が衰弱している状態です。
これを漢方では腎陰虚といい、この状態では疲れやすく皮膚の髪の毛が乾燥してきます。腰痛や体の冷え、または歯茎からの出血、発疹が出やすくなるにです。
中年のAV男優の中で、妙に痩せて体の皮膚がカサカサしている人をを見たことあるかと思いますが、その男性は腎精を使いすぎて腎陰虚の状態になっていることです。
腎精を食べ物で補うことで症状は劇的に改善します。
その食べ物とはクルミです。
漢方には相似の理論という考え方があり、人間の臓器と似た形を持つものには、その臓器の機能と同じ効能があるとされているようです。
睾丸の形はクルミとよく似ており睾丸のパワーを増す働きがあります
クルミには渋みがあり、その渋みが前立腺に作用しておしっこの切れをよくします。
クルミの量は1日に3個も食べれば十分で、クルミ以外にもナッツ類は同様の効果がありますので、おやつの時間でも食べることをおすすめします。

男性の疲労回復にはニラを食べる

胡麻も精力を回復させる代表的な食べ物です。
ニンニクやニラなどのスタミナ食材も効果的です。